2011年11月14日

国分寺国立支部

先週は支部の旅行がありました。
場所は世界遺産の平泉寺と松島、仙台です。

年代は20代からと、さまざま。
普段の仕事のお付き合いと違い
フランクな感じで、和気あいあい。
お昼はわんこそばです。
がんばれー\(^o^)/


image-20111114123544.png

夜の宴会

image-20111114123316.png

支部長のご挨拶からスタートです。

最近みんながはまっている
フェイスブック(^ ^)

image-20111114123657.png

観光地につく度に記事や写真をアップして
お互いに、「いいね!」の嵐です(^ ^)
posted by まり at 13:10| Comment(0) | 不動産業界のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

仮住まいの輪

昨日は『仮住まいの輪』の説明会に行ってきました。

被災者の方々へ民間の賃貸住宅や
ホームスティの情報を提供するサービス。
もちろん、ボランティア。
http://www.karizumai.jp/

karizumari.JPG

チラシより一部抜粋します。

「仮住まいの輪が大切にすること

〜『人』と『人』、気持ちの輪をつなぎ、被災者の
生活再建を支援していくことを目指しています。」

そう、これなんです!

私たち、不動産業者として、一番したいことは
お部屋を通じて人助けがしたい!

今日もまた余震がありました。
東京も震度4。

会社にいる皆と目を合わせたまま『あっ、!』
言葉になりません。

これがもっと大きかったら。。
緊張に顔がひきつり胸がざわざわします。

これだけの震災、この被害状況。
日本が1つとなって、お互いに助け合わなければ。
がんばろうとしている心もいつか折れてしまう。

姉の九州の親戚が
「地震大丈夫?なにか送ろうか?」

そんな一言に本当に救われます。
被災者の方々へも同じ気持ちです。

「大丈夫。住むところちゃんとあるよ。」

そんな気持ちを伝えたいと思います。

今朝、清水開発内でミーティングをしました。
なるべく多くの家主様にご連絡をして
一部屋でも多くの『仮住まい』を増やしたい。
本当にそういう思いです。

3か月間無料。
光熱費は負担していただくけれど
あとは無料なんです。

仕事探しをしてもいい、
少しの間、震災の現場から離れることも大切、
心が落ち着くまで、
少し休んで下さい。
心から応援しています。

そして、もうひとつの運動。
宅建協会での動き。

礼金敷金仲介手数料ゼロ。
お店の枠を超えてお互いの物件を紹介する。

不動産業者同士も支援のために
智恵を出し合い、対象物件を増やします。

こちらは賃料を頂きますが、
長くサポートする心持ちです。

一日でも早く、1つでも多くの物件を
ご提供できるよう、

私たちは動き始めます。
posted by まり at 19:41| Comment(0) | 不動産業界のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

被災者向け支援(住宅)

宅建協会の事務局からファックスが届き、

募金の他に、

「ハトマークサイトに被災地から離れた地域でも
被災地の方、ご相談くださいというメッセージを備考欄にいれてください」
という趣旨が書いてありました。

ハトマークサイトには掲載していないので出せないのですが、、

これはやっぱり業界として動くべきでは!と強く思います。

住む場所がなければ、生活の基盤がない。
食事の次に大切なのが、住環境です。

新聞やツイッターでもホームスティ、ルームドナー、
仮住まいの輪
http://www.karizumai.jp/


いろんな支援の輪が広がっています。

私たち、不動産屋だからできること。

家主様方にもご協力いただいて
宅建協会の皆様とも知恵を共有して
なにか形をつくらなくては。

行動しないことは考えないことと同じですもんね。
がんばります!
posted by まり at 12:43| Comment(0) | 不動産業界のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。