2011年12月28日

成長欲

昨日は社外の方もいらしての
月に一度の大ミーティング。

大量の物件入力の現状や
家具付のお部屋の進行状況など、

お互い発表したり、励ましあったり褒めあったり♪
していたのですが、

そこで長女の姉が

「アルバイトさんさ、こんなに忙しいと辞めちゃうかもしれないんだから
モチベーションアップできるような事、あんた、考えなさいよ。」

「へ?そんなの、わかんないよ。ふん。」と私。

「わかんないじゃだめだね。」

「きっー!! べー!!」

と、褒めあう雰囲気が一変、姉妹げんかに。。

まあよくある事なので、うちのスタッフさんは慣れているのですが、
社外のIさん、ごめんなさい。

社長の突然の発想。
これもよくある話で、『そんなの聞いてないよー!』というのは
日常茶飯事。

でも、不思議と40年近く妹をしていると
そのときぶーたれても、意外とまじめに考えちゃうんですよね。

そして、社長の一言、いいとこ、突いていたりする。


人間って成長欲があるから、
学生時代のアルバイトって、単なるお金稼ぎではなくて

『シューカツに役立てたい』
『不動産屋の世界をみてみたい』
『普通のアルバイトでは得られない体験ができるらしい』

ということで来て下さる学生さんもいれば

ある清水開発の元アルバイトさんは

『お祭りみたいで楽しかった』
『不動産屋で働きたくなったきっかけ』
『第2のふるさとができた』
『結婚しても、子供産んでもがんばります』

などなど、いろんなご意見を頂いたりする。

学生時代はちゃんと勉強すれば、成績表で【A】がとれたりするけど
社会人になってからの評価は

【目標設定】と【達成した喜び】

が対価になってあらわれるから、
自分の舵取りが必要になってくる。

だからだらだらと仕事をこなすんじゃなくて
これをいつまでに仕上げようとか
これは必要ないなとか、なにが自分は得意かなとか、

頭で考えないと、ただの【長く働くいい人】

で終わってしまうわけで、

学生さんにもいつも、おしりをぴんぴん、
「早く、早く。効率を考えて。
清水は早い人がね、評価が高いわけ。」

なんていってるわけなんです。

早くといわれても限界があるから、どうしたら早くなるかを
皆、考えざるを得ない。

効率化、例えばPCで自分用でなく、だれでも使える表を作ったり
マニュアルを作ったり。

大学生が辞めるたびに、そんな効率化を編み出したマニュアルが
増えていく。

そして、先輩から後輩へ引き継がれる。

『やっぱり人間、欲がなければだめですよ。
成長欲でも知識欲でも。いまの若い人は能力もある。
やればできる。でも、欲がない。この混沌とした社会、
欲がなければ生き抜けない』

先日、ある方のスピーチ。

そうだよねー。
やっぱり『欲』だ。

で、どうやってお金でもない、物でもない、
みなさんの成長欲を引き出すか。

自分以外の人のために
力を出すこと。
仲間で得る達成感。

自分の限界を超えたときの高揚感。

そして、自分がここで認められる、
居場所がある安心感。

ああ、それを具現化しないといけませんね。


今月はムサビの学生さんがつくった
ガラス面の広告。
すごく手が込んでる。

いつもは無口な彼が
「みてくださいよ。この色、スポンジ加工してるんです」

image-20111228113036.png


目をきらきらさせて説明する。
夕方6時からきて、夜中までに作り上げる。

好きなことに没頭する。それを発表する。


image-20111228113106.png


学校で得られない仕事の喜び。

清水開発を卒業したら、
大変だったけど、やって良かったな、
そんな言葉を頂けるよう

こちらも皆が活躍できるステージをご用意いたしますね。
まず、この春、一緒にがんばろう。









posted by まり at 11:24| Comment(0) | 清水開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。