2011年12月11日

I am proud of you

今日、親友のひとりから
メールがきた。

なんと、四年越しの税理士に受かったとのこと。
やったー!会社で叫んだ。

それはただ彼女がふと税理士になりたくてぽっと受けたのではなく、
主婦になって、パートにでた
経理の話から始まる。

もともと自営業の実家。頭も冴えてた彼女が
24で結婚した。お勤めしてたけど、
まもなく辞めて、しばらくは主婦。

本人には悪いが、暇つぶしではじめたパート。

はじめるうちに楽しくなり、正社員になり、
会社の誰も言いたくて言えない
古い体質から彼女が口を開き、正義の見方になり、改革をし始め、なんとか、改善されはじめたころ、課長の道が見え始めたら、その出世をおびえた、さらに上の皆様が、彼女が疎ましくなり、いきなり解雇。
涙がでる隙のもない、あっという間の出来事。
その日、ロッカーや引き出しを片付ける彼女を
助ける人はいなかった。
理不尽な体制。

それから、半年後、
いきなりの税理士宣言。
35過ぎ。やっぱり免許が必要だと。

びひるまわりに、めげない彼女。

ところが、一年目に二科目合格、二年目にまた二科目合格。そして、
三年目、不合格。
なんとなく、大丈夫?というまわりの視線も
もろともせず、
粘って、ねばって、
ようやく合格を手にした。

それまでは、裕福な実家。
優しくてかっこいいエリートな旦那様。
素敵なブランドのバックに、年に一度の海外旅行。

何不自由ない暮らしになにが起きたのか。


私のフィルターからだけど、
たぶん、仕事を通じて
生きる喜び、認められる自分、
みえる成長。
プライド。意義。

そんなところかな。なにかがみえたのかもしれない。

だって、十分幸せだったよね。
それはいまと変わらないよね。

他人には見えない価値観、
幸せがあるのかな。

私には働かず、苦労もない人生が
羨ましかった。

でも彼女からしたら、
自分の世界がある、働く私もよく
みえたのかもしれない。

「まりはいいよねー。好きな仕事ができて」

人生。一度きり。自分がいいと思った道しか
進めないのかもしれない。

仕事一辺倒。
いままでのわたしも
そろそろ自分の心が動く幸せを
見直す時期にきたのかもしれない。

あと五年しか生きる時間がないとしたら、、

いままでの人生をふりかえっても
わたしがいえることは、出産があっても
なにがあっても、とにかくコンスタントに
働いてきただけ。
男性なら当たり前のこと。
なにがあってもやめなかったこと。
それしか誇れることはないかもしれない。

女性と仕事。

絶対条件じゃないからこそ、
意味があり、その人の人生が
みえるのかもしれない。

歯を食いしばって進むこと。
その先の自分の成長に
生きる喜びがあるのかもしれない。

結婚したから、
子供がいるから、
まだ時期じゃないから。

いくらでも言い訳はある。



税理士になるあなたへ。

いつまでも旦那様と仲良くね。
そして、

さあ、明日から
新しい人生の始まりだぞ。
40台からの新しい人生も悪くないよ。

posted by まり at 00:39| Comment(0) | 女性と仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。